奄美ホライゾン日記blog


奄美大島の自然文化、人々情報
by amami-horizon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

真珠貝のきーホルダーが素敵〜

真珠貝の貝殻で作製されたキーホルダーを頂きました(^.^)真珠貝は、レインボーカラーと言われる半径真珠マベパールの母貝。だからこのキーホルダーも虹色なんですねー。この色を月に見立てアマミノクロウサギの親子が、見ている構図。なんともロマンチック。制作はホライゾンでもお世話になった「あま美デザイン工房」さんです!


e0041337_12100706.jpg


[PR]
# by amami-horizon | 2018-04-02 12:11

ホエールウォッチング行きました!

e0041337_09572191.jpg
昨日は数年ぶりにホエールウォッチングに行ってきました。晴天のなか、あまり風もない上天気。宇宿漁港からネイティブシーの船にのり、いざ、15メートルもあるというザトウクジラを見つける旅へ。
 船にはあまり自信がなかったので、やはりというべきか最初はおしゃべりをしていたのですが、だんだん無口。それでも、クジラの鳴き声を確かめながら、船は進みます。クジラは、オスしか鳴かないのだそうで、これは初耳。そか、メスへの求愛の声なのでしょうかね?
 早ければ12月末から、3月末あたりまで、北から沖縄あたりの温かい海にきて繁殖&子育てをしたクジラたちが、北へ帰るのだそう。だから、この時期、結構、奄美近海にも出現してくれるのですね〜ただ、今年は、今頃でも北から南下してくるクジラたちがいると船長さんがいっていました。ふ〜む、謎ですね〜
 乗ること、3時間。期待していたのですが、なかなか現れてくれないクジラたち。前回につづき、見られなかったね〜などと話ていたところ、「いた〜!!」という船長の声に、船内は一気にヒートアップ。船は、方向を変え、超スピードで、目指す海域へまっしぐら。まるで、犯人を追いかける刑事ドラマのようです。わくわくしながら、どこどこ?を目を凝らしても。西日が反射してよくみえない。
 わわ、プシュー〜という潮吹きが〜。どこどこ?あ、胸ビレ?で海面たたいたときに、虹!虹が出た!!!!うわ^すごい〜。こうして、諦めて帰るときになって、ようやくその姿を少し見せてくれたクジラさん。私がなんとか撮れた写真がこれ。船長に聞いたら、同じくらいの大きさなので、おそらく親子ではなく、親離れした子クジラがいなくなってきてから、ペアになったクジラたちでは?とのこと。楽しかったです〜ありがとう〜奄美の海の魅力をまた見つけました!!

[PR]
# by amami-horizon | 2018-03-12 09:58 | 自然体験コーナー

西郷菊次郎と菊草

e0041337_11093133.jpg
西郷南洲と奄美の妻、愛かなの子どもである菊次郎と菊草。二人とも奄美を離れて鹿児島に引き取られました。菊次郎は西南戦争に参加ののち、京都市長となるなど、素晴らしい業績を残しましたが、菊草については、大山誠之助と結婚した後は、行方が分かっていないと思っていましたが、この写真にはびっくり‼️菊次郎さんの顔は知っていましたが、菊草のお顔は初めて拝見しました!すごい!離婚した後は、菊次郎が引き取ったということでした。西郷隆盛の子孫で一番名を残したのは、菊次郎さんですね。
ただ長男であるはずが、次男と思わせる名前に多少の違和感がありますが、あの時代、仕方ないことかもしれませんね。
[PR]
# by amami-horizon | 2018-03-07 11:11

南日歌壇 一席!

ひさびさの南日歌壇。おそるおそる開けて覗くと、おお、一席ではありませんか〜永田先生、よくぞ取ってくれました。こうした歌を取ってくれるのは永田先生だと思っていたので、うれしいです〜


あと2分地球滅亡の音聞きながら将棋トーナメント見る日曜の朝   浜田ゆり子

(評)地球と人類すなわち世界の滅亡までの時間を予測する世界終末時計。1991年の17分を最高に、最近はどんどん減り、今年1月には遂に2分前までになった。その不安を思いつつも、日常はテレビで将棋を見たりしている。そのギャップ。

特に将棋が好きな訳ではないのですが、日曜日、洗濯ものを干しながら、テレビを遠目にみるのが好きです。天気が良ければなお、いい。平和な日曜の朝ですね。解説者が、あと●秒とか、低い声で言っているのが好きなんです。おかしいですが。そうした限られた時間のなかで戦っている場面をみつつ、ぽよぽよ洗濯を干している呑気な私。でも、それらを含めて、世界人類は滅亡に向かっているという恐ろしいひとときでもあるのです。明日はわからない不透明ななかに、われら生きているのですね。

[PR]
# by amami-horizon | 2018-02-22 14:34 | 短歌

NHk短歌3月号 佳作

黒瀬珂瀾選 佳作
腹鳴らし恋ひて待つらし大晦日(としぬゆ)は豚骨煮込む甘き香ぞする

夫から聞いた話です。各家々で豚を飼っていた時代は、年末に屠り、その部位を余すところなく料理などに使用したそうです。そして、年に一度だけ、豚をたらふく食べたそうで、豚が鳴くのを聞いただけでも、お腹がうれしがったそうです。まさに、豚を恋う感じだったのでしょうね〜

[PR]
# by amami-horizon | 2018-02-22 14:19 | 短歌

以前の記事

2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
九州

画像一覧