人気ブログランキング |

奄美ホライゾン日記blog


奄美大島の自然文化、人々情報
by amami-horizon
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

瀬戸内町 「仮面の世界」へ行ってきました!

昨日は、朝8時に家を出て、瀬戸内で開催される「仮面の世界」へ行って参りました。ちょっと遅刻したので、席はかなり満席状態。でも、一人だけの席を目ざとく見つけ、荷物を置いて、撮影に突入。でも、超満員で身動きができないですね〜暑い暑い。
 司会は、元奄美えふえむでぃ!の上野あやさん、解説はホライゾンでもお世話になった出村卓三先生。お二人とも、なつかし〜! で、油井豊年踊りから始まり、与論十五夜踊りは奄美群島なので、行った事がありましたが、続く、沖縄伊江島のペンシマ(国指定重要無形民俗文化財)は村の人々に危害を加える鬼たちを退治する鬼退治話。続く、島根県の佐陀神能「八重垣」は、出雲神話のヤマタノオロチ退治のお話。これは国の重要無形文化財であるとともにユネスコ無形文化遺産なのだそうで、見られてラッキーでした。

 醜童(しゅんどう)は、琉球舞踊のなかでも唯一仮面をかぶるという古典舞踊とのこと。実は私の姪と、知人の女性二人が踊っていたのでした。士族の美女と醜女二人がコミカルにに踊るので、みんな、笑いが起こっていました!古典にこんな舞踊があるとはびっくりです。
 昼食には、外でいろいろテントがあったようですが、どれもものすごい列で、こうした列に加わるのが苦手な私は、車にもどりひと寝入り。聞こえて来た「よいすら節」がものすごくステキでした。あとで聞いたら古澤さんという大学生になった女子。上手くなったよね〜!

 午後には、瀬戸内町の諸鈍シバヤ。平資盛が教えたと伝わっていますが、他のと見比べるとなんとなく、雅な所作があるようにも感じます。「さ〜、てんてんな、すつるくてん」というお囃子が耳に残りますね〜。初期の歌舞伎の踊りや琉球舞踊の影響もあるようです。
 そして、これがとっても面白かった「アンガマ」。石垣島では旧暦7月の盆に、アンガマと呼ばれる<あの世>からの使いが現れ仏壇がある家々を訪ね歩くとのこと。オジーおばーは木製の面をかぶり、子や孫の霊まで引きつれて、登場。子や孫は,サングラスをして、白い布で顔を隠しています。驚くのが、オジーとおばーの陽気な珍問答。裏声使って踊ったりもします。子や孫も陽気な踊りをするではありませんか!!いやあ、驚きました。みんな大爆笑であります〜こんななら、あの世は楽しいでしょうね〜
 宮崎県のひょっとこ踊りは、ちょっと卑猥な感じでしたが、最後の特別出演の秋田ナマハゲは、たまげた〜どすのきいた声がまたステキ〜ナマハゲ太鼓も大迫力ものでした。いやあ、子どもは余り泣いていないのが面白い。あとで、みんな一緒に写真とっていましたもんね。
 ということで、いっぱい写真がありすぎるので、今日は、ここまで。アンガマのオジーとオバーとのツーショットで勘弁ください。
e0041337_18181488.jpg

by amami-horizon | 2015-11-16 18:18 | 文化

奄旨海房 魚匠の薫製が美味〜

笠利にある奄旨海房謹製、カンパチの燻製。喜界島の白ごまがトッピングされています(^O^)他にも黒こしょうや、島みかんのトッピングがありますが、どれも美味!お酒のつまみにいいですねー。サラダと一緒にいかが?
e0041337_2245811.jpg

by amami-horizon | 2015-11-14 22:05 | ひとりごと

横浜ベイスターズ ラミレス監督と握手!

 先週よりDeNA横浜ベイスターズが奄美市に秋キャンプに訪れています。で、奄美市の仕事で、たった今、ラミレス監督を取材してきました。与えられた時間はわずか10分間とのことでしたが、30分以上前から球場で待機。広報や通訳の人といっしょに、ベンチでフレンドリーに丁寧にいただきました。
 故郷であるベネズエラと奄美は、美しい海があり静かな環境が似ているとのこと。豚肉や魚もデリシャスって喜んでいらっしゃいました。奄美の野球少年には、両親や先生、コーチの話をよくきいて、友だちを尊重しながら野球をしてほしいとも。いつか、奄美からベイスターズの選手になる人がでてくれたらいいなと、笑顔でお話してくれました。
 野球を知らない私ですけど、今日からファンになっちゃいます!!
by amami-horizon | 2015-11-14 11:00 | 情熱人コーナー

第30回島尾忌

今日は、30回目の島尾忌。長男の伸三さんとその夫人の潮田登久子さんの参列のなか、夕方5時から島尾さん家族が住んでいた旧図書館長官舎で開式。晴れ男の島尾さんだったようですが、途中から小雨がちらほら。でも、なんとか大雨にはならずに早々と終了となりました。
 来年の9月には、島尾ミホさん、敏雄さんを主役とした映画が公開されるそうで、すでに撮影は終了。その公開に先立ち、奄美では先行上映されるということで、今から楽しみです。ちなみに、ミホ役に満島ひかり、敏雄役に永山絢斗さんとのこと。ひかりさんは、奄美に血縁があるとのことで、美しさとまっすぐなところがミホ役にはうってつけかもしれません。
 
e0041337_17511526.jpg

by amami-horizon | 2015-11-13 12:13 | 文化

南日歌壇 11/15掲載

●山道の白き花びら紅添えてサキシマフヨウ 島は秋なり(永田和宏選)  浜田ゆり子

好きなサキシマフヨウを何とか歌にしたいのですが、なかなか表現できません。携帯から投稿した歌ですが、ちゃんと届いていたのがうれしいです。
by amami-horizon | 2015-11-12 14:34 | 自然体験コーナー

ヨガのひととき

最近、ヨガをやってます。そろそろ一年になるかな〜陰ヨガというのが、今の私にはちょうどいい。骨がぼきぼきなるような硬い身体でしたが、それを少しずつほぐしていくようなひととき。静かな時間。ヨガは、身体の解放であり、心の解放であるというような話を聞きましたが、まさにその通り。ときどき、かなり痛いな〜と思うときもあるけど、至福のひとときです。
 そうそう、ヨガが終った後にいただくハーブティーがまた美味しい。やわらかい時間がうれしいですね〜。ちなみに、一回、ワンコインというのも、都会ではありえないのではないかしらん。ほとんど女性ばかりなのも、いいですわ〜。
e0041337_15282719.jpg

by amami-horizon | 2015-11-08 15:29 | 自然体験コーナー

黒糖焼酎で乾杯

e0041337_10403923.jpg
昨夜も紬着ました。これは伝統柄の龍郷柄。結婚するとき頂いたのですが、なんと皇室に献上した柄なのだそうです。長年パンツスタイルがほとんどだったのですが、最近、ちょっと着物に目覚めつつあります。
 なぜかというと、私は着物が着けやすい体型なのだそうで(むむ〜)、バックからなら自信!があります!日本的な地味な顔なので、年齢を重ねると着物のほうが、似合うかもしれませんね。気軽に着られそうな秋名バラという伝統柄も買いたいな〜お金を貯めなくっちゃ!
 さて頭が結えないので美容室で着付けてもらい、気持ちよく奄美市交流会へ出席。条例となっている黒糖焼酎の乾杯をしました(^O^)。16度なので、女性でも生で飲めます。女性ばかりの吾がテーブルでは一本明けてしまう程、人気。とても、美味でありました‼︎
by amami-horizon | 2015-11-07 10:34 | 文化

スッポン料理

昨夜は、アシビで興克樹さんの受賞祝賀会でした。自然関係、役所関係、同窓生、マスコミ関係などで大いに盛り上がったのですが、出てきた一品のひとつに仰天。奄美で繁殖してしまったため駆除されたスッポンが、汁物になって登場したのであります。結構、上品なお味でした(^O^)
 なんとスッポンは駆除した興さんのお宅で一ヶ月間飼育され、泥をはかせて昨夜の御馳走に供されたということです。
e0041337_10122631.jpge0041337_10125869.jpg
by amami-horizon | 2015-11-04 10:14 | 情熱人コーナー

歴史学・奄美諸島史における島尾敏雄の位置

e0041337_14392540.jpg
またまた、遡りますが、10月31日に県立奄美図書館において、弓削政己さんによる島尾敏雄記念室講演会がありました。体調をこわしていた弓削さんの久しぶりの講演、それも島尾敏雄についてというのですから、他の用事をキャンセルしても、行かねばならないと前々から段取りをしていました。
 島尾敏雄忌が、11月12日なので、この前後にいつも講演をしてきた図書館ですが、今日はいつにも増して遠くからも関心のある方が見えたのではないでしょうか?弓削さんといえば、奄美の近世、近代の気鋭の郷土史家であるため、小説家でありながら、独特の歴史認識でヤポネシア論を唱えた島尾敏雄をどう評価するのかを楽しみにしていたのだと思います。
 「〜日本の歴史の曲がり角で南島がざわめいて来るときにその姿をはっきりとらえられなかったのは、今までの日本の歴史学者の怠慢ではないだろうか」(琉球弧/1962年6月13日講演「私の見た奄美」)。こうした言葉を引用しながら、日本における南島の重要性を論じた島尾敏雄に、弓削氏は共感。日本をひとつにみることへの疑問、そしてこの鋭い視点を提起した島尾に関して、あまり注目をされなかったことへの疑問を話され、とても興味深い時間でした。
 また、奄美を知る為には、奄美だけを研究するのではなく、トカラや大隅、薩摩、また沖縄、宮古、八重山のほか、もっと大きくは太平洋を常に意識しなくてはという島尾の論に対しても共感。ついでに私もこれにはおおいに共感しております!トカラ列島へ行っても、沖縄の島々(少しばかりですが)、奄美と関連する多くのことを感じました。
 さらには、奄美の差別意識。琉球弧の南への差別はよく聞く話ですが、奄美は反対に沖縄やトカラへは、逆差別をしていたのではといいます。これは、私もトカラで感じましたし、薩摩に虐げられたという奄美は、今でも沖縄を下に見下すところがあるように、感じます。こうした重層構造は今後の課題としながらも、島尾敏雄が指摘した問題の検証や研究を進めていく事こそ、全体としての奄美諸島史を把握していきたいと願っていた島尾敏雄の業績を引き継ぎ、次に前進する道ではないかと、締めくくりされました。う〜ん、納得であります!
 ちなみに、写真は、島尾敏雄について対談した『ユリイカ』(1998年)をもつ弓削政己さん。
 
 
 
by amami-horizon | 2015-11-03 14:35 | 文化

第30回国民文化祭 民謡・民舞 日本一フェスティバル

国民文化祭が鹿児島県で開催され、奄美でも各地で様々な文化イベントが開催されています。一昨日の11月1日に奄美市の振興会館では、全国の民謡民舞が見られると言う事もあって、開演1時間前には、すでにものすごい列ができておりました。
 仕事関係で久しぶりに、こうしたイベントを撮影に行ったのですが、階段席まで人が座るほど、盛況でしたね〜。奄美は、日本一の唄者が何人も出ている為,こうした催しが計画されたのでしょう。北は北海道から、南の沖縄八重山地方までの、日本一に輝いた素晴らしい歌や踊りが次々と紹介されて、とても贅沢な素晴らしい夜でした。
 奄美のシマ歌(築地俊造さん)と、東北の津軽三味線、沖縄の三線(大工哲弘さん)の共演演奏から始まり、オープニングは、奄美から圧巻の奄美六調太鼓、続いて山本孝子琉舞道場の民舞、そして貫禄が出て来た前山真吾くんのシマ歌をはじめ、小学生ながら風格を感じる宮下和さんなどの奄美のシマ唄者が声を聞かせてくれます。全国各地から来島された各地の出演者(きっとプロの方もいらしゃるのではないでしょうか?)は、衣装も素晴らしいし、声量も素晴らしいし、笑顔もステキ、素朴さもステキ!でしたね〜。
 奄美では、そのほか、美しい大学生に成長した平田まりなさん、楽しく奄美の音を表現した奄美高校郷土芸能部、伸びやかな歌声と性格の川畑さおりさん、結婚してしっとりして来た中村瑞希さん、生真面目そうな永井しずのさん、ゲストでは元ちとせ、中孝介、相変わらずの迫力の徳之島の松山京子さん、4人のお母ちゃんになっているRIKKI、素晴らしい歌声(ちょっと瑞希さんに似ているかな)に驚かされた楠田莉子さん、佐仁八月踊り保存会のみなさん、本当にありがっさまりょうた〜
e0041337_13291965.jpge0041337_1329569.jpg
e0041337_1333441.jpg
e0041337_13322087.jpg
e0041337_13313044.jpg
e0041337_13393263.jpg
e0041337_1332460.jpg
by amami-horizon | 2015-11-03 13:30 | 文化

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
九州

画像一覧