人気ブログランキング |

奄美ホライゾン日記blog

2013年 01月 27日 ( 2 )

奄美カトリック排撃運動

e0041337_18585126.jpg
今日は奄美郷土研究会例会でした。テーマは、「奄美カトリック排撃運動の歴史的背景を学ぶ」。奄美大島は、人口比率としては長崎と同程度の信者がいて、教会も数多くあります。奄美にカトリックが入って来たのは、明治24年。島の有力者らの招き(誰?)に応じて、パリ外国宣教会のフェリエ神父が来島されてからです。彼らの献身的布教により、大正7年には、名瀬を中心に約5,000人もの信者を得たのこと。

 ところが、この時期、ワシントン軍縮会議が開催されたにもかかわらず、奄美南部では軍の要塞を建設していました。軍部としては、こうしたことを外国人宣教師に知られるのもまずいし、皇国思想を徹底させていくなかにおいても、カトリックの存在は許されないものだったのでしょう。当時の地元新聞主催で、カトリック排撃の町民大会まで開催していたといいます。

 特に、昭和7〜8年には、弾圧脅迫が激しくなり、地域や学校でも、信者は子どもたちも含め、地域住民たちにも暴力を振るわれ、宣教師たちは、島外追放されました。こうしたことは、戦争下で全国的にあったのかと思っていましたが、最初に奄美大島で起きた排撃運動だったということに、驚きました。昭和11年、奄美カトリック教会は鹿児島県に寄付を余儀なくされ、戦時下では防空演習として信者宅に放水を繰り返したとあります。
  例会では、切々と当時の迫害を語る人々がいて、いつもとは異様な雰囲気でした。でも、こうしたことは、今、密やかに信者内で仕舞い込むのではなく、歴史的事実として、多くの人に語るべきだと大津会長はいっていましたが、まさにその通り。しかし、事実を事実として冷静に語り、残していかなければなりません。戦争がそうさせたのだとわかっていても。
  程度は全然違いますけど、私は信者ではありませんが、カトリックの幼稚園、プロテスタント系大学出だからなのでしょうが、奄美にきて間も無く邪教徒といわれ、かなりいろいろひどいことをいわれました。宗教は怖いですね。人を魔物に変える…。自分の信じるものだけが神であり、他は排他していく思想ですからね〜

  ところで、このフェリエ神父は、なんと、昆虫や植物研究者としても知られていて、フェリエベニボシカミキリを発見した人だそうです。だから、フェリエの名前がついているのですね〜。これにはびっくり。また、奄美では神父ゼリと呼ばれる草がありますが、これはクレソンのこと。奄美に宣教しに来ていた神父さんたちが故郷を懐かしみ、植えて食していたそうです。川沿いなど水に綺麗なところに今でも咲いています。いやあ、今日もいろいろ勉強になりました!
by amami-horizon | 2013-01-27 19:11 | 文化

ネフスキーと宮古島

e0041337_12502255.jpg
朝のNHKドラマは主人公が宮古島ですが、私が大好きなCoralwayというJTAの機内誌(2013年1〜2月号)で、「ネフスキーと宮古島」という特集を組んでいます。足立倫行氏が文章を担当。これが実に面白かったです。
 宮古島は一度行ったことがありますが、人頭税という恐ろしい税が課せられたという島は、今ではトライアスロンで有名ですけど、ここは沖縄本島からずっとずっと遠い島であります。狩俣という地域には、平家伝承も今でも残っていると聞いています。
 この島に、今から90年前に宮古島にロシア人のネフスキーという青年がやってきて、開口一番、流暢な宮古方言で挨拶し、集まった島民たちを驚かせたそうです。彼は、実は語学の天才で、ペテルブルグ大学で中国語と日本語をマスター、日本にやってきて金田一京介に師事し、アイヌ語を覚え、中国タングート族の言葉を独習しながら、東京で知り合った宮古島出身者から、宮古方言を特訓したというのです。
 2年間の官費留学生だったのですが、ロシア革命が勃発して帰国できなくなり、大阪外国語学校などのロシア語教師となり、日本人女性と結婚。14年後の昭和4年に本国へ帰国。レニングラード大学教授となるも、スターリンの大粛清に日本のスパイ容疑をかけられ、妻共々逮捕され、銃殺。45歳という若さのまことに悲劇的な人生でしたが、昭和32年に名誉回復され、37年にレーニン賞を受賞。
 ところで、宮古島でネフスキーが調査したことが、奄美民俗と似ているので、気になりました。語学の天才だった彼は「宮古方言ノート」を遺稿として残し、それぞれ国際音声表記と和・露語訳が付されているそうです。でもネフスキーは方言採集が目的ではなく、辺境の宮古島の言葉を分析して、日本民族の源流にある根本的価値に迫ろうとしました。(後に「月と不死」(未完)を発表。)それによると、彼は月(太陰の力=死の力)のモチーフに惹かれ、人間の死に蛇や蟹などの脱皮による「不死」を対置させた話は太平洋民族に特に多いと示唆、奄美でも残る若水行事ですが、宮古島に伝承が残っていることも実証したようです。若水伝承は日本各地にも残るそうですが、このような辺境の地にも残っていることを明らかにしたのですね。
 平家伝承が残る狩俣でネフスキーが採録した有名な恋歌にこんな歌詞がありました。訳詩でみると「池間崎を廻るとき、扇を取って招き送ろう、小雨が降り出したら、小風が降り出したら、それを雨と思わないで、それを風と思わないで、わが身の涙と思って下さい。目蛾(女性の名)の大息(ためいきの意味)と思って下さい」というもの。
 いとしい夫が沖縄本島へ所用でいくときに、その無事を祈る歌だというのですが、ここで、奄美の「雨ぐるみ節」と似ているなあと感激したのであります。瀬戸内町の管鈍に雨雲がかかってきたが、それは雨雲ではない、私の涙だと歌う島唄で、和美姉さんの十八番でも知られていますよね。奄美と宮古島、まだまだ共通点があるような気がします!
 ああ、旅がしたいなあ〜!
by amami-horizon | 2013-01-27 12:51 | 情熱人コーナー

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
九州

画像一覧