奄美ホライゾン日記blog


奄美大島の自然文化、人々情報
by amami-horizon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ケンムン村加計呂麻島支部が発足

e0041337_22545547.jpg
すっかり、ブログ更新を忘れていましたが、ケンムン村に加計呂麻島支部が発足いたしました。樹齢70年のガジュマルの木の下にある徳浜のケンムン茶屋で、その発足式があったので、行って来ましたよー。これは先週の6月19日でした。マスコミが誰もきていなかったのが残念。支部長は、加計呂麻バスの林さん。赤いTシャツを着ている人で、とても情熱的な方であります。この茶屋の奥には、サタ小屋が昔ながらの形で残っていますし、近所には、塩づくりをしている塩炊き小屋がありますから、ケンムンたちはきっとこのあたりに生息しているに違いありません。また、徳浜では、ライオン岩が見えるのも、楽しい。是非、一度、徳浜へ行ってみて下さい。ステキなペンションもありますよー。
[PR]
by amami-horizon | 2011-06-26 22:55 | 文化

価値観を地方に置き出した若者たち

e0041337_22303667.jpg主に地方で、おいしい料理が味わえる宿泊付きのレストランをオーベルジュというそうですね。奄美にも、そんなステキなレストランが3年前に、龍郷町芦徳にできました。その名を、ヴィラ ユリムン。いやあ、初めて路沿いから眺めるだけでも、新鮮でしたね。こうしたものが、奄美にできることが素晴らしい。Iターンの若夫婦がオーナーです。
 料理も素晴らしく、その上、思ったより安い。車なのでお酒が飲めなかったのが残念でしたが、いろいろなIターンの人々が奄美に来ているのが、うれしい限りです。
 e0041337_22423760.jpg
そうそう、先日は、加計呂麻島の徳浜でカフェを始めた若夫婦に出会いました。畑カフェ「鶴亀」という店名です。沖縄より、もっと素朴な地を求めて、この加計呂麻島へやってきたのだそうですが、奄美から都会へ志向する若者が多いなかで、正反対の若者が確実に増えているのですね。もしかしたら、こうした違う価値観の持ち主たちが、奄美を変えて行くのかもしれませんね。
[PR]
by amami-horizon | 2011-06-26 22:44 | 情熱人コーナー

誕生日でした

そうなんです。15日は、私の誕生日でした。誰もいない家で、独り、テレビを見てました。侘しいなあ。独りで飲みに行くのも何だし…、仕方ないですね。仕事ばかりしていると、全くストレスがたまりますが、仕事しないと、これまたストレスがたまるのですから、仕方ない。デスクの前の窓から、空を眺めて仕事するのが好きです。ま、できたら、きついノルマでないのがいいですけど。贅沢ですけど。年齢重ねたら、自分の好きな仕事に没頭できたら、最高の幸せでしょうね。お金に縛られない奴。そう、田中一村は、それを実行した人なのですね。きっと、夢中になって自分の絵だけ描いている瞬間は、本当に幸せを感じていたことでしょうね。
[PR]
by amami-horizon | 2011-06-23 15:05 | ひとりごと

奄美の梅雨が、昨日明けました!

うっかりしていました。そうなんです。昨日、明けたそうです。もう、夏真っ盛り。7月3日は、瀬戸内町で、シーカヤック大会があります。昨年は、とても悪天候だったけど、今年は盛りあがるぞ−!!今、プログラム制作中。
[PR]
by amami-horizon | 2011-06-23 14:56 | 自然体験コーナー

南日本歌壇 6/23掲載

小島ゆかりさん選で、初めて選出されました。二席でした。気が塞ぐ事ばかりの日々でしたので、率直にうれしいです。いろいろ趣味もっておいて、よかったです。

 ●真夜中の雨の切れ間に虫が鳴きクッカルが鳴きフクロウの鳴く

(評)アカショウビンがクッカルの呼び名で出てくるところ、奄美の風土が感じられて楽しい。真夜中の雨の切れ間のそれぞれの声、いいなあ。


ですって。リズムがあるものをお好きなようですね。
[PR]
by amami-horizon | 2011-06-23 13:12 | ひとりごと

赤木名城へ

e0041337_1233572.jpg
先日、奄美郷土研究会の方々と笠利町にある赤木名城(グスク)へ、登りました。ここは、集落の背後にある通称「神山」に立地している山城。城跡は、南北約300mにわたり、奄美地域では屈指の規模だそうです。城の最高地点は標高100m。この写真がそれで、頂上から眺めた笠利湾であります。
解説をしてくれた中山清美さんによると、ここから海賊などの敵の上陸を見張ったり、あるいは、その敵にわざとこの城を眺めさせて、威圧したのかもしれないとのこと。なあるほど。琉球では14世紀ころから石造りの独自の城郭が発展したらしいですが、この奄美ではその系統のものが見られず、大和の影響の山城なのだそうです。かなり深い堀切や土塁、曲輪などもあり、また人々の食糧貯蔵の跡も確認されているようです。こうしたことから、この時期の琉球と日本、奄美との政治・軍事・経済的な関係を知る上で極めて重要な遺跡なのだとこと。ちなみに、最近、国指定の史跡に指定されました。
[PR]
by amami-horizon | 2011-06-23 12:04 | 文化

パニック続きでした!

いやあ、最近、企画コンペや、そのプレゼンテーションなどがあって(それも二つも)、胃が痛くなる思いをしておりました。お気楽ブログを書く気にもならず、ひたすら、耐えていたんですよー。仕事をすることは、順調に行く時は楽しくて仕方がないのですが、ちょっとつまづくと、自分を保つのに大変なのですね。それも、印刷物関係はほぼ私一人で、企画制作をしておりますから、夢でも闘わざるをえないのですねー。優雅な奥様になれない私なのですね。
 ま、それでも、ホライゾン33が発行され、覆い被さっていたもろもろの仕事が、一段落したので、気持ちを変えて、また、進んで行きましょう。
 
[PR]
by amami-horizon | 2011-06-23 11:32 | ひとりごと

ホライゾン33は、17日に発行の予定!!

いやあ、最後の最後まで、ひやひやの校正でしたが、ホライゾン33は、6月17日に発行の予定となりました。素晴らしいです!
 いつも出来上がるときには自信満々なのですが、今回はちょっとそれ以上かな、などと思ってしまいます。ひとつひとつ階段を昇って来ているのですよねー。これは、ものづくりの楽しさを知っている人にしかわからない喜びでしょうねー。お金換算でしてしまえば、え、なんでと思うかもしれませんけど、自分の分身がいろいろ出来上がって行くような気分であります。今、死んでも図書館には残りますからね。それだけを張りにやっているのかもしれません。生きた証というやつです。ふふ。
[PR]
by amami-horizon | 2011-06-14 12:11 | 文化

ホライゾン33校了!

e0041337_166322.jpgふあー。ようやく、ホライゾン33を校了できました。メインは二大特集でありまして、巻頭は、「貴重な証言で描く島々の妖怪大全」。与論から始まり、沖永良部島、徳之島、喜界島まで行って、取材してきた証言をまとめましたが、発言者の氏名も顔写真も掲載して、より信憑性を高めたのが、すごいと思っております。勝手に私が、書物から取り出してまとめたのではなく、実体験の現代の証言をまとめたことは、貴重な民俗資料になるものと思っております。妖怪は与論のものが他の島々と一番変っていて、興味深いですね。イシャトゥという一本足の妖怪です。この妖怪と、徳之島伊仙町のイッサンサンが似ているということを、徳之島の方からいただきましたが、そうですよ!これは、何か繋がっているやもしれません。是非、どなたか調べて頂けませんでしょうか?
 こうした妖怪を、今回はイラストにおこしたのも、面白いところ。イメージを限定してしまうという欠点はありますが、これは、みなさんの共通認識を深めるたたき台になるという意味では、とても役立つと思うのですが、いかがでしょう。
 次には、奄美群島のパワースポット特集。これも、今までにない特集ですね。パワスポは、人によってそれぞれあると思いますが、霊的なものばかりではなく、癒しや気力などの元気をもらえる場所もパワスポなのではないでしょうか?これも与論が特に面白い。まあ、奄美から一番遠いので、私が知らなかったというだけかもしれませんけれど。島々の神社巡りも初めての経験で、より、深い部分に触れた気がしましたね。取材があまりにハードだったためか、悪夢にうなされたこともありましたけど、私、居直りましたもん。で、結局、立ち直りました!!
 そうそう、その他のエッセイでは、奄美人物列伝(奄美偉人列伝を変更しました。)では、ケンムン博士とも呼ばれた民俗学者の恵原義盛さん、シマ唄研究者の小川学夫先生の「ふたつのシマウタ文化」論は、徳之島と沖永良部島を境に音楽と言葉の扱い方に違いが出たことを書いてくださっています。本邦初公開のエッセイとのこと。初出、ホライゾンなんて有り難い事です。それから、「島尾敏雄とわたし」のリレーエッセイでは、島尾伸三さんの奥様である潮田登久子さんのエッセイ。島尾敏と、ミホさんの姿が見えるような、ノスタルジックなエッセイでした。
 発行は、この分でいくと、6月20日ころになってしまう予感。一日も早く出したいのですけど。
[PR]
by amami-horizon | 2011-06-13 16:07 | 文化

ケンムンふぇすた開催予定!

またまた更新できなくて申し訳ありません。またまた、黙々と仕事、たまにタラソ行ってます。あ、で、ビールは毎日。だって、思わぬところから期限切れのビールが出て来たのでありまして、早くのまなくっちゃあということで。いやあ、仕事が混んでいまして、鬼か妖怪かなんていう感じであります。
 と、ところで、ホライゾン33日で妖怪取材があまりに面白かったため、ケンムンふぇすたを開催したいと熱望するようになりまして、あっという間に、それが決定してしまったのであります。それも、奄美パーク。8月21日(日)であります。ケンムンを実際に見たという人を集め、できれば島々の方々をですね、一堂に集めてシンポをと思っております。でも、お金はないので、できれば、文明の利器を最大限活用できないかと、いま、思案しているところ。老若男女。ケンムンを見た人、見ない人。信じる人、信じない人、みーんな集まってケンケンガクガク、いるいない、見た見ない、皿があるない、毛が薄い濃いなど、存在有無から、その姿の詳細、ケンムンは何を伝えにやってきた生物かなどなど、シンポするんであります。民俗研究の一環にもなると同時に、民間伝承のいい機会になると思うのであります。
 
 詳細は、後日、ホライゾン33号発行のお知らせとともに、発表させて頂きたいと思います。
ではでは、どなたさまもよろしくー。
[PR]
by amami-horizon | 2011-06-08 23:39 | 文化

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
九州