奄美ホライゾン日記blog


奄美大島の自然文化、人々情報
by amami-horizon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

奄美、福岡直行便が就航しました。

今日は、イベントは縮小されましたが、念願の福岡直行便が開通しました。就航の横断幕とともに黒糖のレイなどが送られていましたよ。これからも入り込み客が期待されますね。
e0041337_2323794.jpg

[PR]
by amami-horizon | 2011-03-27 23:24 | 情熱人コーナー

海辺の風景

e0041337_1045351.jpg
奄美の海辺にて。
[PR]
by amami-horizon | 2011-03-25 10:05 | 自然体験コーナー

りんけんカメラマン

e0041337_17474214.jpg
奄美空港で、りんけんさんとお会いできました。りんけんさんは、カメラが好きです。見て下さい、このカメラマンぶり。カメラを二つもぶら下げていますよ。ですから、反対に写真撮ってもいいですかって、太くんの顔撮ってました!昨日も壇上の上から、シンポジウムに来た人たちを撮影していましたし。
 ところで、りんけんさんのお父さんは、照屋林助さん。「てるりん」と愛称で親しまれた人で、沖縄ポップカルチャーの第一人者。そのまたお父さんは林山さんといい琉球古典音楽の重鎮であったのですが、林助さんは、終戦後、「ヌチヌ グスージ サビラ(命のお祝いをしましょう)」と、避難民収容所の家々を歌い踊り、戦渦で傷ついた人々の心を笑いで癒し、希望を与えたのですね。一世風靡した三線と漫談の「ワタブーショー」は、奇抜なスタイルで楽しいやらびっくりしたものです。
 この「てるりん」さんは、奄美の盲目の唄者里国隆を路上で発掘し、自宅2階のスタジオでレコーディングをしたというのですから、奄美との関係もいろいろあるわけですね。りんけんさんの話では、林助さんは機械いじりが大好きだったそうです。ま、そんなこんななので、この国隆さんと林助さんの記事が掲載されているホライゾンを、りんけんさんに、お土産にあげたのでした。昔のバックナンバーはもう入手できなくなりましたが、いやあ、我ながらなかなかいい記事載せていましたよね。へへ、自画自賛でした。
[PR]
by amami-horizon | 2011-03-24 18:10 | 情熱人コーナー

沖縄と奄美の違い

e0041337_2135942.jpg
今日は、沖縄から照屋林賢(りんけんバンド)さんらを招いてのシンポジウム((財)南西地域産業活性化センター主宰)が奄美でありました。それもアシビで。遅刻してしまったので、今回この企画をされた糸数同センター副会長さんのご挨拶を聞き損ねました。ま、明日、新聞でみることにしよう。その後、林賢さんの自伝的お話には間に合いました。方言しか使えなかったので、よく先生にビンタはられていたといっていました。これ、太くんと同じ。それから、奄美のトラさん、文化財室長、Iターンサイト作っている人、林賢さん、奄美に嫁にきたウチナーンチュ、奄美ラジオの方々と、「沖縄と奄美の相違点」などでシンポジウム。これは、結構、面白かったですねー。もっと、どんどんやっていきたい気分でしたが、なんともお腹が空いてしまって。沖縄ではこうした市民参加型の取り組みを、大学中心に毎週やっているそうです。いやあ、それ聞いただけで、うらやましいなあと思います。ま、ウチナーとナチャーの二つに分けてしまうことはあるものの、議論していく態度が身に付いて行きますものね。奄美、いえ、日本人はこの議論が得意ではないので、これは見習いたいものです。
 参考になった意見に、林賢さんのいう音楽の力。音楽を世界へ発信するということ。奄美音楽の出口をつくるというのはやってみる価値大ですよね。花井恒三さんの、400年後の奄美沖縄にはいまのところ興味はでませんが、産業に文化をつけるというのは面白いですね。中山清美さんの、薩摩と琉球の影響を受けつつしたたかに自分のものにしてきた奄美のたくましさをいわれ、なるほどーと思った次第。奄美力の発信は、いま、ホライゾンがやっていることですので、心強い言葉でありました。「君はケンムンを見たか」というタイトルは、ホライゾンでもらっちゃおうかしらん。
町ゆかりさんは、与論出身の夫と結婚することをいうと、「ナイチャーになるわけ」といわれた話。沖縄人が、沖縄県人以外と結婚すると沖縄人ではないといわれたというのです。沖縄人の発想の貧しさといわれ、面白かったです。
[PR]
by amami-horizon | 2011-03-23 21:16 | 情熱人コーナー

新緑の季節

昨日は、半袖姿の人もいたほど、暖かい日中でしたが、今日は風が強く寒さも少しぶりかえした感じです。でも、奄美の野山はすでに新緑。東北地方も早くこんな新緑に覆われることを祈っております。
e0041337_17384963.jpg

今日は、あるパンフレットがようやく校了となりまして、ほっとしているところです。新版はかなりの労力と時間を使いますからねー。年度末の仕事がかなり片付き、いよいよホライゾンの準備に取りかかります。今回の特集は、島々のパワスポと、妖怪たち。いやあ、ゲゲゲの水木さんにあやかって、奄美の妖怪たちにも頑張ってもらいたいものです。ちなみに、奄美の妖怪はケンムンだけではないのです。島々となると、またまた違うのだから、面白いですー。こう御期待。ふふふ。
[PR]
by amami-horizon | 2011-03-22 17:41 | 自然体験コーナー

屋嘉比 ひろしの世界展

e0041337_1540780.jpg
今日は奄美文化センターで開催されている屋嘉比ひろし君の個展を見て来ました。3年程前、ホライゾンの表紙を描いてくれた彼ももう18歳。高校卒業して就職も決まったそうです。会場には、これまでのCG作品はもちろん、コンテストなどで優秀賞をもらった作品、ホライゾンの表紙になったものもいろいろありました。それにしても大きく大人に成長した寛くん。一番好きな絵の前で写真をとらせてもらいました。なんと、元ちとせさんの絵だそうです。彼の番組のナレーションを彼女が担当してくれて、「今度私の絵も描いてね」といったのが描くきっかけだとか。それにしても厚子お母さんはいつまでも若いです。会場はMBCも取材に来ていました。個展は鹿児島でも開催予定。e0041337_15383830.jpg
[PR]
by amami-horizon | 2011-03-21 15:39 | 情熱人コーナー

赤木名交差点

太陽が丘体育館からの帰り道。赤木名廻りをしたのですが、驚いた事に、三叉路交差点がこんなになっていました。いやあ、道間違えそうになってしまいましたよー。
e0041337_075341.jpg

[PR]
by amami-horizon | 2011-03-21 00:07 | 自然体験コーナー

アンマとジュウのしまうた

お久しぶりでございます。東北関東大地震以来、どうしても気がめいっておりました。空前の惨事で、言葉がありませんが、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。こうした事態のとき、できるだけ「頑張って」という言葉は使わないようにしております。こんなに頑張っているのに、どう頑張ればいいのだと追い込むような気がするからです。
 e0041337_23523978.jpg
e0041337_23532985.jpgところで、本日、「アンマとジュウのしまうた」が笠利町で開催されました。上村藤枝さんを交えて、カサン唄者たちによる楽しいウタ会でした。アンマとはおばあさん、ジュウはおじいさんという意味。年配の方々の歌を後世に残しておきたいということの表れだと思いました。司会は、築地俊造さん。アンマといえど女性の唄者なので、掛け合いが受けていましたねー。
中でも森沢さんと上村さんの掛け合いが素晴らしかった。築地さんが「しびれる!」といっていました。また、埋もれた唄者の方々も出演されていたのも興味深かったですね。味わいのある歌い方がいいですね。築地さんは、色気があるといっていましたけどね、ま、築地さんは色気が好きだからですけどねー。そんな話すると、会場が大盛り上がり。ばしゃ山のアンマも面白かったですよ。築地さんもタジタジのタレントでした。おかげで、少し元気が出て来ました。
[PR]
by amami-horizon | 2011-03-20 23:53 | 島唄・文化コーナー

とんとんとんのこもりうた 上演

e0041337_20541522.jpg
今夜は、奄美市中央公民館で、お芝居が上演されました。子ども達の反応がすごかったです。いもとようこさんの絵本「とんとんとんのこもりうた」を題材に、オリジナルで脚本が書かれたようです。ノイヌや、輪禍、台風災害、ハブなどをからめつつ、子供たちに考えさせながら楽しませる工夫がされていて、感心しました。お母さんに甘えるお兄ちゃんウサギに、子ども達もきっと共感したでしょうね。子どもは、3歳までに一生分の親孝行をするというメッセージが流れましたが、そう思えば、すでに私も3人の子ども達から、楽しい思いでをもらっていましたね。
[PR]
by amami-horizon | 2011-03-06 20:54 | 情熱人コーナー

山羊汁

e0041337_22524467.jpg
山羊汁食べました。というより、すすりましたっていう感じかな。臭みはそれほどなかったのですが、ちょっと脂があって、匂い消しの薬味があって、すでにお腹パンパンだったので、完食には至りませんでした。うむむ。ごめーん。
[PR]
by amami-horizon | 2011-03-05 22:49 | 島唄・文化コーナー

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
九州