奄美ホライゾン日記blog


奄美大島の自然文化、人々情報
by amami-horizon
プロフィールを見る
画像一覧

かなしゃ 創刊

e0041337_12242555.jpg
今日、こんな絵はがきが与論島から届きました。ホライゾン31号のアイターン特集でお世話になった、イタリアンレストランを経営している長崎ご夫婦からでした。与論を愛する5人で、「かなしゃ」という情報誌を創刊するとのこと。やりましたねー。素晴らしい。エッセイ、絵画、写真などなど様々なアーティストを束ねる長崎さんたちですから、きっととってもステキなものになるのでしょうねー。ゆるやかな与論の風が、流れているのでしょうね。
 B5版32ページ。9月末発売予定。一冊 500円。発行元は、よろんよろん
[PR]
by amami-horizon | 2010-09-29 12:24 | 情熱人コーナー

島ミカン登場!

運動会シーズンの今日この頃。スーパーには、島ミカンが登場してきました。
e0041337_1058569.jpg
緑色なので、知らない人はまだまだ酸っぱそうと思うかも知れませんが、これが上品なほどよい甘さで、美味なのです!さっそく、昨日、買いまして、デザートに一個いただきました。こうして、季節は巡っていくのですねー。
[PR]
by amami-horizon | 2010-09-25 11:00 | 自然体験コーナー

南日本歌壇二席 9/23

地の声をまといて踊る「アラシャゲ」に浴衣の裾もひるがえりゆく

高野公彦選評(作者注によれば、アラシャゲは、円陣を組んで歌い踊る八月の奄美の踊り。「地の声をまといて」が地霊を感じさせ、「浴衣の裾もひるがえり」が踊りの激しさを伝える。

 高野先生、ありがとうございます。「あらしゃげ」は、踊りではなく、踊り方のことなのですが、知らない方には理解いただくのが難しいかもしれません。でも、激しい踊りであること、地霊を感じさせるということなど、私が意図したことを見事読んでくださり、感謝!です。
[PR]
by AMAMI-HORIZON | 2010-09-23 11:43 | ひとりごと

大和浜棒踊り

続いて棒踊り。まさに、戦闘モードの棒踊りは、奄美でも各地にあるようですね。実久、根瀬部でもあります。若い男子もいて、なかなかカッコよかったですよー。中入りも高齢者の女性も入る等、全員参加の感じがとてもよかったです。次は、どこへいこうかしら。
e0041337_11375427.jpg

[PR]
by amami-horizon | 2010-09-20 11:38 | 島唄・文化コーナー

大和浜なぎなた踊り

e0041337_21282486.jpg
今日は、大和村の大和浜へ行って来ました。午後一時からの開会でしたが、30分程前から、神事である水汲みと、神社参りがあります。初めての集落なんで、勝手がわからず、右往左往してしまいましたが、女性のなぎなた踊りと男性の棒踊りがあったり、薩摩文化を感じさせるものでした。大棚集落では、午前中、ノロが神事を行うようです。数年前、行ったのですが、すでに土俵の場所が海沿いになっていましたね。祭りは、予定時刻より、かなり前に神事があることを心しておかねばなりませんね。来年はもう一度挑戦します。
[PR]
by amami-horizon | 2010-09-19 21:34 | 島唄・文化コーナー

名瀬踊り保存会

e0041337_1071864.jpg
最近、かなり頻繁に外出しているのですが、お呼びがかかって、踊りの勉強に行って来ました。本当は、ウタも歌えれば一番いいのですけどね。毎月18日は、名瀬踊り。井根町にある谷村邸で、名瀬踊りの練習会があるのですねー。でも、私はほとんど一年ぶり。見よう見まねで踊るものの、わからないことばかり。でも、昔から、浴衣と盆踊りは大好きだったので、頑張れば、なんとか慣れるかも。頑張ればの話ですけど。晴れていたら公園での踊りでしたが、夕方どしゃぶりの雨が降ったので、この谷村宅で。いつもより、多くの参加があったとかで、主催者はとても喜んでくれました。
 名瀬踊りはそれほど振り付けは難しくないようで、誘ってくれた泉和子さんも、さかんに「これなら踊れるよねー」と言ってくれます。うんうん、とはいいつつ、あれれ、足と手が逆だわなどと汗だくでしたよ。
 八月おどりは、男女が輪になって、チヂンのリズムで歌い踊ります。各集落で振り付けが違うそうです。また、「あらしゃげ」というだんだんテンポが早くなる地域と、ほど同じテンポのところがあるようです。名瀬は北大島だから、あらしゃげがありますね。喜界島や瀬戸内では、ずっと同じゆっくりのテンポでしたものね。
 写真は、八月おどりが終わって、締めくくりの六調を踊っているところ。太鼓のリズムが心地よいです。早く、みんなの前で舞うように踊りたいものです。
[PR]
by amami-horizon | 2010-09-17 10:07 | 島唄・文化コーナー

平瀬マンカイ

e0041337_1022493.jpg月曜日は、アラセツでした。旧暦の八月初ひのえの日。前日のつかりの日から、集落を家廻りして踊り、明け方ころに集落の高台に片屋根に昇り、日の出に合わせて男性達が、ヨラメラの掛け声で、揺さぶり倒すのが、ショチョガマ。稲の実りで、倒れるという意味があり、豊穣の証となるようです。写真は倒れる寸前のもの。
 この日の夕刻(4時でした)に、海岸で、ネリヤカナヤから神を招き、豊穣をよろこび、ともに踊って共食します。これが平瀬マンカイ。二つの行事をあわせて、平瀬マンカイというのを、初めて知りました。国指定民俗文化財です。
 ノロ役のお姉さん達は、こうして白い装束を着ると神々しく見えますね。以前、対岸でも、小さな祭り行事をされているのを取材したことがありましたけど、田畑マス姉さん、最近、とんとご無沙汰していますが、お元気なのでしょうか。秋名集落の方がたには、いろいろお世話になりましたが、一人消え二人消えしていくのが、寂しいです。かつては、ここで、稲も作ったこともあるし、黒砂糖も作りました。最近は、田んぼも、にぎやかになっているようですが、集落に住んでくれる人が増えれば、なお、いいのでしょうが。e0041337_10224854.jpg
[PR]
by amami-horizon | 2010-09-15 10:22 | 自然体験コーナー

大熊と秋名の豊年祭

e0041337_10284898.jpgこのところ、豊年敬老祭りが各集落で開催されていて、すべてをまわるなんてことはとてもできませんが、先日、大熊と、秋名へ行って来ました。大熊は都市計画で開発されたため、若い夫婦がかなり入って来て、子ども力士がいっぱいいました。30人くらい居たようなきもいたします。
 e0041337_108971.jpg次に龍郷の秋名集落。ここは、相撲甚句があるので、しばらくぶりに行ってきました。茶髪のお兄さんが、敬老のお母さんがたに、御馳走を振る舞っていたのが印象的。我が家の息子にも、こんな回しを締めさせたかったなあ。
[PR]
by amami-horizon | 2010-09-15 10:08 | 自然体験コーナー

南日本歌壇 9/9 三席

島カボチャ島ニンニクに島アズキ島の名のつくみな香りよし

永田和宏選により、南日本歌壇三席でした。
(評)奄美への誇り。なるほど、「島ナントカ」と言われると素朴な味わいが自ずから醸されるという感じ。第四句の「島の名のつくもの」と字余りであったので「もの」を削った。これで正しく意味が通るのである。


河野裕子という希有な歌人を妻にもった永田和宏先生。大学の研究者でありながら、自らも歌人であった永田和宏氏。先日、乳がんで妻を失ったばかりだというのに、そうした悲しみを微塵も見せず、仕事に邁進しておられるよう。お二人の最後の会話は、きっと涙という悲観的なものではなく、むしろ前進であったのかもしれないと思う程。氏の本当の心はわからないが。
[PR]
by amami-horizon | 2010-09-12 22:37 | ひとりごと

硫黄島 八朔踊り

e0041337_13104682.jpg昨日、硫黄島から帰って来ました。これは、メンドンという巨大な面をかぶった神が出て来たシーンです。とにかく、疲れました。でも、面白かったですe0041337_15484910.jpgよ。
硫黄島は、人口110余名。面積は、11.74㎢。昭和37年まで硫黄が採掘されていたそうで、港内は鉄さび色になっていました。硫黄がとれたせいか、昔からかなり裕福であったようです。民家に瓦屋根が多く、ちょっと驚きました。
 八朔踊りとは、八月一日と二日に行われる踊り。伝承によると、文禄慶長のころ、豊臣秀吉の朝鮮出兵に参戦した硫黄島の侍大将、長浜吉延らが凱旋に安徳天皇を祭神とする硫黄大権宮に奉納した踊りといわれているとか。現在は、島の青年たちによって、伝承されています。この島には、ジャンベスクールがあるので、そこに来ている青年たちもかなり活躍していましたね。みんな、かっこいいお兄さん達でしたもの。
 このとき、面踊りも踊られ、全身カヤや蓑をまとい、スッダと地元で呼ばれる小枝をもち、厄を払って廻るのだそうです。子どものメンドンも出現し、可愛らしいったら、ありません。この祭りはすべて男性だかりでした。彼らは、「天下御免」の鉢巻きをつけ、二日目の夜は、若い女性がいる家を目指して、入り込むようですが、今年は警戒して、鍵をかける家が多かったですねー。残念。神様がくるのに、鍵かけちゃあ、いけませんよね。ま、私は若い女性ではありませんでしたから、彼らを追いかけちゃいましたけどねー。若くないというのも、時には役にたつものですねー。
e0041337_1555524.jpg
[PR]
by amami-horizon | 2010-09-11 13:11 | 島唄・文化コーナー

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
九州