奄美ホライゾン日記blog


奄美大島の自然文化、人々情報
by amami-horizon
プロフィールを見る
画像一覧

港にて

昨日は、風雨が激しく、おとといの上天気が嘘のようでした。瀬戸内パンフの一校に出向いたのですが、ちょっと寄り道して撮影しようと思ったのに、結局、港でコンビニ弁当を食べていました。目の前には、港の工事のための船か、激しく降る雨のなか、ひっそりとひとり白い波の上に立っています。
e0041337_925127.jpg


[PR]
by amami-horizon | 2010-02-27 09:31 | 自然体験コーナー

南日本新聞に掲載

1月末に出したのが、今日載りました。前回掲載されなかたったのは、葉書が遅かったからみたい。次回から、メールでも出せるとのことで、ラッキーです!葉書に書くと、ついつい書き直して、修正ペンで真っ白になってしまうこともありますし、葉書代の節約にもなりますしねー。

如月に満開となる桜花の老樹の下をマラソン人(びと)往く          浜田ゆり子
[PR]
by amami-horizon | 2010-02-25 11:57 | ひとりごと

キク栽培

e0041337_23204250.jpg
今日は、とっても暖かく上天気でした。午前中に、瀬戸内の久根津という集落に菊栽培を撮影しに行ってまいりました。金曜日には、ハードな会議がありますが、今日はのんびりしたもの。しかし、場をわきまえず。皮の中ヒールをはいていったので、花畑でぬかるみに入り込み、ぐしゃぐしゃになってしまいました。車のなかに入れておいたズックとズボンに履き替え、帰って来ましたけど、実は誰も見ていなかったので、車の影に隠れてですけど、路上で着替えてしまいました。うん、年取るというのは恐ろしいものだなあと思いつつ…。傍では、こんな100円ショップがありました。花はあまり開き過ぎだといけないのですよね。
[PR]
by amami-horizon | 2010-02-24 23:21 | 自然体験コーナー

惠原家にて

e0041337_9483125.jpg
昨夜は、大和村根瀬部という集落にある惠原家に行って来ました。ここは、ケンムン博士で郷土研究家の惠原義盛さんの家で、以前、いろいろな調度品を見せて頂いた御家です。息子さんである義之さんが、横浜とこの家を隔月に通っていらっしゃって、昨夜はいろいろ知り合いの方々が集まるというので、仲川文子さんを車でお載せしながら、私めは、料理目当てに出かけたのでした。いやあ、日が長くなっているのですね。6時半だというのに、大和路は、まだ夜ではなくて、いいかんじ。
 さて、会では、車は町ゆかりさんが運転してくれるというんで、しめた!ということで、ワインを、元奄美パーク次長の辻さん(湯湾と名瀬に家を借りているそうです)と飲んでしまいました。昨夜は、幸町の忘年会でしたが、女性たちばかりのなかで一人飲む訳にもいかなかったから、ふひ。
 残念ながら、期待した料理人(鈴木ルリ子さん)は忙しかったらしく、新しい郷土料理にはお目にかかれませんでしたが、ボタンボウフウのサラダやサバの大根もんじょなどおいしくいただきました。なんと、私は、ニガウリ豚味噌をつくっていったのです。豚の味噌漬けは、ミートショップ重田さんで買ったのですけどね。ワンフィニィは、西田テル子さんが作ってきたのです。さすが。
 会では、大和村にある雨乞いの石の話で盛り上がり、4月にもみんなで行こうということになったのです。う〜ん、4月となると、もうホライゾンに没頭していなければならない月。ではあります。ん。
 写真左は、義之さんでお隣は図書館館長の北之園さん。カニの味噌汁でお開きとなりました。ちょっと、最近、メタボになりつつある感じのワタクシ…。
[PR]
by amami-horizon | 2010-02-23 09:45 | 島唄・文化コーナー

奄美と太宰府

e0041337_23304333.jpg今日は、とてもよいお天気なのに、午前中は単行本の校正。ひとり黙々とやっているとなんだか世間に置いてけぼりを喰っているような感じで、被害妄想に陥っておりました。
 そこで自転車漕いで、振興会館&博物館へ。公民館講座閉校式でもあるため、人はいっぱい。島唄講座の生元先生にばったりお会いししたら、なんと、赤いネクタイ!握手してしまいました。2時までウロウロして、いざ、博物館へ。「太宰府と南島」というテーマで、池田榮史琉球大学(考古学)教授のお話があるので、時間ギリギリで行った所、おお、すごい人数。狭い部屋には人々のムンムンする熱気があります。いや、いろんなところに見知った研究者の方々のお顔も…。
 1984年、太宰府から8世紀の初めのものと見られる奄美(奄には本当は木偏がつきます)、いらん島(沖永良部島のことらしい)という名前が書かれた木簡が見つかったとの事。木簡とは荷物に付ける名札のようなものです。それが発見されたということは、奄美からの荷物が太宰府に届けられたという事なわけです。太宰府に到着した段階で、重要なものは届け先を平安京や奈良などに変更されて、再び、運ばれて行ったのですね。太宰府から京都などへ送られたという事実はわからないのでしょうけど、とにかく、この時代、奄美が何か重要なものを送り届けていたという事実のみがあるわけです!
 4、5センチほどの小さな木札ですが、これが示す事実は,8世紀の日本に奄美の存在を示したということになるわけですね。
 8世紀といえば、750年に、鑑真が中国から日本に渡ったそうですが(何度も失敗していましたが)、ナント、奄美経由で坊津へ上陸したとのこと。ひえ!これはすごい。奄美に上陸はしていないものの、沖泊まりで、食糧などの補給や風待ちをしたことでしょう。
 それから、喜界島の城久遺跡から発掘される遺物の様子から、太宰府に関係する人が直接支配していた可能性もあるというのです。いやあ、やはり、ホライゾン30号で、歴史を特集していてよかったわー。ということで、続きは明日。
[PR]
by amami-horizon | 2010-02-21 23:19 | 島唄・文化コーナー

奄美と島尾文学

e0041337_1713848.jpg
今日は、県立奄美図書館で「奄美と島尾敏雄」と題して、詩人&島尾敏雄顕彰会理事の仲川文子さんがお話されました。
 紹介が終わった途端、朗読が始まりました。すごい演出。詩は、島尾さんの唯一の詩集でした。仲川さんのお声を聞いていて、いつも思うのですが、ちょっと島尾ミホさんとも通じるようなミルキータッチでありながら透き通る美しいお声だということです。そんな事を考えていたら、朗読の内容はよく掴めませんでした。
 「出孤島記」や「われ深き淵より」など、島尾さんの文学には、聖書の影響が見られるということに、私、初めて気がつきました。私はほとんど聖書を読んだ事が無いので、よくわからなかったのですね。「出弧島記」は、「出エジプト記」を意識しているというのです。なあるほど、そうしたことから呼んだ事がなかったので、もっと深い読み方ができるのだろうなあと思った事でした。
 会場から参加された進さんという詩人の方は、ドストエフスキーとの関係を話されました。ドストエフスキーが死刑執行直前に解放されたことと、島尾さんが昭和20年8月13日に、特攻艇「震洋」に乗り込みながら、出発せよの合図がないまま、15日に終戦を迎えたことと、精神的な関係があるのではと話され、頷いたのでした。当時、ドストは、陸軍中尉で28歳、島尾は海軍ですが、同じく28歳だったとのこと。
 また越間誠さんは、島尾さんが奄美に対して残したのは文学だけではなく、様々な提言をしているといっていました。こうしたことも含め、もっと島尾文学が読まれますように。いえ、もっと私が読みますように。一昨年は、戦争に関する島尾作品はかなり読んだのですが、今後、読みたいと思いました。
[PR]
by amami-horizon | 2010-02-20 17:01 | 島唄・文化コーナー

教育旅行ガイド完成!

e0041337_9225463.jpg
昨年から、ずっと企画編集に携わっておりましたが、昨日、ようやく、この「教育旅行ガイド」のパンフが完成いたしました。教育旅行とは、主に修学旅行を含む学習旅行のこと。最近では、修学旅行のほかに、大学のゼミとか、いろいろニーズがあるみたい。特に石垣島の観光が落ち込んでいるともいわれるなか、奄美への期待が高まっているようです。
 奄美は森と海、マングローブという大自然がコンパクトな島に集中してあるのと、紬や島唄、田中一村などの文化のほか、ヤコウガイやサトウキビ、戦跡などの学習も手軽にできるのですから、とってもこうした旅行にはいいですよね。おまけに、小さい島だから移動が楽だし、巨大な歓楽街があるわけでもなく、先生方にとってはとても安心できる島だと思います。
 このパンフは、実は委員会形式で、練りあげたもの。奄美でできる体験や学習をコンパクトにぎっしり詰め込んでおります。お問い合わせは、奄美市紬観光課まで。
[PR]
by amami-horizon | 2010-02-18 09:23 | 自然体験コーナー

ミズイカの墨

e0041337_23163673.jpg
これ、なんだと思いますか?ミズイカ(アオリイカ)の墨部分なのです。宝石みたいにきれいですね。もちろん、この美しい膜を破ると、真っ黒な墨(マダ)が出てくる訳なのですが、今日は、このマダで面白いことを聞きました。
 マダは買ってすぐ使う分にはいいのでしょうけど、すぐには使わず、冷凍する場合はこの袋を破り、お湯などで煮溶きしてから、冷凍庫でこの墨汁を凍らすと、墨の色は変わらず黒いままなのだそうです。ところが、この袋ごと冷凍しておいて、墨汁を作ると、黒ではなく灰色になってしまうとか。いやあ、知りませんでしたね。スーパー里のお姉さんが教えてくれました。「なんでだかわからないけど」うむ、経験知とは素晴らしいですねえ。さっそく、このようにして冷凍しました。今度、作ろうと思います。へへ。
[PR]
by amami-horizon | 2010-02-17 23:16 | 島唄・文化コーナー

黒糖そら豆

これこれ、笠利の赤木名にあるスーパー里で販売しているこの「黒糖そら豆」は、とっても香ばしくてかりっとしていて、とっても美味しいです。どこかで見つけたら、試食してみてください。是非是非。
e0041337_22525013.jpg

[PR]
by amami-horizon | 2010-02-17 22:53 | 情熱人コーナー

皆既日食写真の盗用について

まずは、お詫びを申し上げないとなりません。ホライゾン28号と29号で、沖縄出身の天文写真家から借りた写真データが、盗用であった件です。彼は、自身の言葉では、幼いときから隣人の写真家からカメラをおもちゃ代わりにして育ち、中学生のときにロトナンバーズで高額の金額を当てたことから、ロトの仕組みを解明し、21歳(!!)であった去年まで世界中の皆既日食を撮影して、様々なメディアに発表しているということでした。皆既日食の写真は当方ではもちろん、撮影してはいないため、彼から借りたのでした。
 しかし、昨年からの新聞発表によると、彼が故意に他人のデータを加工し、著作権を著しく侵害していたにも拘らず、自身の作品だという触れ込みで、マスコミ媒体に天文写真を発表していたのです。
 昨年の新聞報道で、彼が盗用をしていた事を知りましたが、連絡も取れず、真意を確かめる術がありませんでした。しかし、今日の地元紙で彼が事実を認め、謝罪しておりました。なんということでしょう!!地元新聞も彼が提供した写真データを報道しましたが、それより以前に、ホライゾンでも掲載していたのでした。信じられない事実に驚いております。彼からの連絡を待ちましたが、連絡がなく、仕方なく、こちらからのみの謝罪とさせていただきます。
 21歳と言っていた歳は実は40代だとのこと。ロトで儲けたというのも事実ではないかもしれません。とにかくとにかく!!、なんでこんなことになったのか、まったくもって、信じられません。

 18日に、彼からの謝罪文が届きましたので、全文を紹介させていただきます。

          謝罪文
浜田様、ホライゾン編集部様、読者の皆様

このたびホライゾン様に今回提供いたしました日食画像の一部の画像は
複数の原作者に無断で下絵見本としてダウンロードして合体使用加工し、
新聞折り込み広告や観光パンフレットなどの商品画像(商業用目的広告)画像と
同じように、色、トリミング、角度、回転、ゆがみ、背景を変える、などして使い回し
複製加工修整や、複製加工CG写真化合成した不正行為を認め
商業用広告、創作CG写真、グラフィックデザインの領域と
一般写真の著作権侵害の垣根をはずしてしまった為に、
編集部、読者、関係者の皆様に多大なるご迷惑、不愉快、誠に遺憾な思いをさせてしまいました
事を重ね重ね深くお詫び申し上げます。
二度とこの様な広告画像を同じような加工不正行為を提供しないように責任を取り、
写真・商業用広告写真、CG写真制作、グラフィックデザインの全ての分野を永久に辞職いたします。
商業用広告写真目的でも、合体、加工複製するにあたり
原作者の下絵参照、引用先を口頭などではなく、明白に表示し伝えていなかったことも
重ねて深くお詫び申し上げます。

平成22年2月18日 
宮城隆史
[PR]
by amami-horizon | 2010-02-17 22:41

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
九州

画像一覧