奄美ホライゾン日記blog


奄美大島の自然文化、人々情報
by amami-horizon
プロフィールを見る
画像一覧

島レーベル

e0041337_19174777.jpg
最近、みかんのことで頭がいっぱいなのですが、今日は、「けらじみかんのうた」という歌を聞こうと、「喜びの島で」というアルバムCDをセントラル楽器で買いました。最近は、島唄ばかりではなく、こうしたモノも出すようになったのですね。
 喜界島在住の長島稔さんという方が作詞作曲。喜界島は、土岐兄弟ばかりでなく、新しい音楽の動きがあって、いい感じです。最初に入っている「日食」という曲は、なかなか荘厳な感じの曲で、イイ〜と思います。けらじ〜の歌はちょっとイメージが違いましたが、こうして島ではありふれたもの?が、歌になるというのは、発想が面白いですよね。明日は、商工水産ズという役場職員たちが、出しているCDを買ってきましょうね。
[PR]
by amami-horizon | 2008-09-30 19:18 | 文化

ヤマ・シークニン

徳之島の轟という集落は、島の中央にあります。伊仙のほうらい館から、およその目当てで走ったのですが、看板を見つける事ができず、あっちこっち行き過ぎて、例のごとく、車を止めて、何回か道をたずねてようやく、ダイキチ食品園芸に辿り着きました。日帰りだから、船の出航時間までに、またレンタカーを返して港に戻らなくてはなりません。
 e0041337_1803334.jpg25日から、原料であるヤマクニンあるいはシークニンが入荷してきて、ジュースなどをつくる作業に入るとのことで、着いたときには、選別作業の最中でした。なあるほど、思っていたような濃い緑色の小さなミカンです。徳之島の山に自生しているもので、野生種。根がとても強く、台風にも負けず、ここで根づいてきたのでしょうね。シークァサーの仲間なのでしょうが、それよりもぐっと濃い野性味があるようです。食べ物が無い時代には、熟れてからおやつがわりにしたとのことですが、タンカンという美味しいミカンが栽培されるようになり、見向きもされなくなったといいます。
 それでも、この未成熟果は、例えばカボスなどと似て、焼酎などに入れるととても芳香がいい。それも、調べてみると、抗がん、血圧降下に作用するというノビレチンやタンゲレチンがシークワーサーより、豊富に含まれている事がわかり、代表の大橋カツミさんは、商標登録をし商品化を思いきったのだそうです。実も皮も活用でき、今までそっぽを向かれていたものが、一躍脚光を浴びるようになるとは、誰も思いもしなかったでしょうね。濃厚な酸味は魚や焼酎にかける(美味です!)、またキャンディやドレッシング、ポン酢、粉末やサプリメントも考案されています。
 でも、創業してまだ3年目ですから、販路開拓など、大変なのでしょうね。暑い日で、クーラーが入っていましたが、二人とも汗が滲みでてきましたが、大橋さんは汗を拭いながら、涙も拭いておられました。
 沖縄のシークァサーの原料に組みする事をせず、島のためにも、なんとか頑張りたいとおっしゃっていました。そうですよ、原料産地だけの島ではダメですよね。付加価値を高めて、外貨を稼がなくちゃね。今が頑張りどころ。この辺、アマシン会議でいわなくっちゃ!
[PR]
by amami-horizon | 2008-09-29 18:01 | 情熱人コーナー

ほうらい館

e0041337_10503388.jpg
伊仙町にオープンした「ほうらい館」へ行って来ました。できたということは知っていたのですが、実際がどんな施設なのか興味シンシン。アポをとっていざ、行ってみると、いやあ、びっくり。こんな風にとても立派な施設なのです。
 中へ入ると、歩行やランニングやストレッチなどができる部屋には、多くの人が運動していましたし、温水プールでは年配の方々が歩いたり、ジャグジーを楽しんでおられました。もちろん、水泳もできます。また、羨ましいのは、ミストサウナもあるんですよ。それに、ちゃんとしたお風呂も完備。いやあ、すごい。
 また中ホールもあって、ちょうどこの日は、民生委員の会があり、奄美から、ゆずり葉の郷を主宰する三浦一広さんが講演に来られたとの事。「すべての子にチャアンスを」という題で講演されたようです。こうした講演やコンサートなどのときには、ちゃんとキッズルームも作られているんです。調理室や会議室も併設。また、ジムで疲れた人のため、マッサージ機が取り揃えられ、ここも満席でした。
 と、いろいろ案内されていると、トントンと肩をたたかれて、振り向くと、なんと、笑顔で笑っているのは、三浦さんではありませんか〜!びっくりしました〜。子どもたちに非行防止や立ち直りの機会を作っている三浦さんです。以前、某通信社で取材させていただいたことがあり、全国から電話があったと聞きました。ん?ちょっと以前より痩せられたかなと思いましたが、24時間の緊張のなかに身を置かれているのですから、無理もないのでしょうけど。
 この施設には、今後、レストランや島内の特産品市場ができるようです。町が運営している初めてのケースですので、他の行政機関からも注目の的。伊仙だけではなく、天城や徳之島町からもみえているとのことでした。
[PR]
by amami-horizon | 2008-09-28 10:50 | 自然体験コーナー

グァバ

e0041337_1872230.jpg
徳之島での一こま。なんと大きなグァバなのでしょう?びっくりしました。品種改良されているそうですが。ジュース用だそうです。頂いたグァバジュースはとてもおいしかったですよ〜。
 福留ケイ子さんという方ですが、昔から、地産地消にこだわってきたそうで、「とうぬげ」と島でいわれるみかんのジュースもとてもおいしくて、お昼前なのに、お腹はガバガバ。この辺りは、ホライゾン28に生かします。
 
[PR]
by amami-horizon | 2008-09-27 18:14 | 自然体験コーナー

徳之島の島影

e0041337_18385928.jpg

今日は日帰りで徳之島へ行ってきました。今船のデッキにいます。徳之島と奄美の間の海の上です。戦争中は米軍の潜水艦がいたのでしょうね。夕焼けのなかで徳之島がシルエットで浮かびます。写真にとりきれないけど、雰囲気だけでもお伝えしますね。曽津高崎の灯台が右手に見えます。徳之島と奄美がこんなに近いなんて、船旅をしない人にはわからないかもしれません。
[PR]
by amami-horizon | 2008-09-26 18:38

南日本歌壇に載った〜

ようやく載りました。3回め。選者は、永田和宏。私はファンでしたが、今まで一度も選んで頂けなかったので、うれしい!です。ちょっとくさっていた日々ですが、ちょぴり勇気が出て来ました。

勾玉の星々あつめ「スマル」とふプレアデス星団吐噶喇(とから)が南端

 
ちなみに〜。「星はすばる。 ひこぼし。 ゆうづつ。
   よばひ星,すこしおかし。尾だになからましかば,まいて」

 清少納言の枕草子で一番美しいとされたのは、「すばる」。
「すばる」は集まって一つになるという意味の「統(す)ばる」というれっきとした日本語(和語)なのですって。奄美では、ブレブシといわれ、スバル(スマル)という呼び方は吐噶喇列島が南端だということを、知りました。(「ふるさと星事典」参照) てへ!
[PR]
by amami-horizon | 2008-09-25 12:29 | ひとりごと

乾燥パパイヤ

今日、大島支庁で、アグリビジネス研修会というのがあったので、ちょっと行って来ました。これからは、農作物の付加価値を高め、農家の人々も起業家にならないとと思う次第。
 講演をきいてすぐ帰ろうと思ったら、以前お世話になった「かあさんの店 みどりや」の方にばったり。彼女の最近のヒット作というのが、この「乾燥パパイヤ」だとか。乾燥機もそろえて、パッケージもなかなかかわいい。中には、ニンジンの乾燥ものもはいっているので、色も変化がありますね。乾燥すると、生の十分の一になりますが、もどすと7〜8倍くらいとか。パパイヤは野菜で食べる時、けっこう、手間がかかるので、これはいでしょうね。当日の周囲でも評判でした。
e0041337_19314669.jpg

[PR]
by amami-horizon | 2008-09-24 19:31 | 情熱人コーナー

残念でしたinかがんばな

e0041337_19172255.jpg
今日は、空の抜けがいいからと、またまた円のかがんばなへ走りました。
 トンネルをぬけると、なんt、10mもしないところで、カメラをセッティングしている人がいます。この人、自分がほかの人の写真に入ってしまう事をわかっていて、やっているんやろか?どいてともいえないけどね〜。このように、先日より、確実にカメラマン&見物人は多くなっています。
 さてさて、今日の夕陽ショーはいかにといったら、今日はいくぞ〜との声もあって、心強い。あっちかな〜こっちかな〜と角度を考えていたら、あ〜こっちだ〜という声に、他の人も一目散に走ります。え〜、もう終わりじゃん〜。
 「いや〜、今日は計算ミス」そうなんです。みんなが走った時には、夕陽がほとんど終わりかけていました。う〜ん、残念。でも、このトンネルのなかに太陽が沈むと、龍の眼が入ったようになるとはいい話ですね。
[PR]
by amami-horizon | 2008-09-24 19:15 | 自然体験コーナー

島尾敏雄さんたちが住んだ分館長の家

e0041337_016479.jpg
いつごろから、島尾敏雄さんたちが住んだ県立図書館奄美分館長宅だったこの官舎が取り壊されるといわれ、またいつごろからこの家が取り壊されないといわれだしたのか、実は多くの人がわからないのです。都市計画でつぶされるのなら仕方ないねと思っていたものの、できればそっくりそのまま保存すればいいのにねともいわれて来たのでした。島尾さんはこの家で、17年間も住み、「名瀬だより」「日の移ろい」「死の棘」などの作品が書かれたのでした。島尾さんの作品とは切っても切れない官舎だったと思います。歩いて50余歩の図書館に島尾さんを毎日見送ったというエピソードもよく聞きました。土づくりが好きなミホさんは、小さな庭で野菜をつくっていたようです。
 燃え上がる火の粉のように、保存を望む多くの意見が新聞紙上を賑わしましたが、とりあえず、元のように市も取り壊さない事にしたと発表され、決着しましたね。
 ところが、実は始めからここは取り壊す予定などなかったという話を聞きました。狐に包まれたような話ですが、実は分館だけは少しかかるということが、全体の取り壊しという風に勘違いされたようなのです。そうならば、地元住民の避難所とか公園にするという請願がでたらしいのです。都市計画の道路作りでは取り壊されないということが、見え始めてきて、だったら、壊さないでというクレームが日々高まり、一大論争となったのですね。でも、ユンボで取り壊す入札寸前だったようです。なんで、こういう事態になったのでしょう?雨漏りがひどいので、住むには適当ではないらしいのですが、保存するのなら、いろいろ考えられるのではないでしょうか?幅広く意見を聞けばよかったでしょうにね。噂がそのまま浸透していったのでしょうか?いや、知っている人たちもいたとか??むむ、どうなっているのかしらん?。
 しかし、文化団体に「言い出すのが遅すぎるよ」といった人も、なんで名瀬の人は残してと早くいわなかったのかということだったらしい。この辺りが、様々な勘違いが錯綜したように思えてなりません。
 しかし、これからが実は大変なのですよね。こうした論陣を張った人達が率先してNPOなどを作り、保存のための活動を全国展開していかなくてはなりません。市や県にお金がないのはもちろん。行政頼みではなく、これを起爆剤にしてさあ、動き出すことができるかどうか。お金という問題になって、尻込みしなければいいのですが。
[PR]
by amami-horizon | 2008-09-24 00:23 | 文化

なかなかね〜

仕事が遅々として進みません。少しずつあせりが出てまいりました。いつもこうなるから、納期のある仕事はいやなんですよね〜。でも、納期のない仕事というのも、実態があるようでないようで、さみしいのかもしれません。
 今は、来年のカレンダーを2種製作中&ホライゾン企画進行中。企画のほとんどが私の頁ななのです。ま、自分で企画したものですから、文句もいえないんですけど、でも苦し〜!おまけに短歌の本などを読んでいます。
 そうそう、でも夕方には、龍郷のかがんばなトンネルの夕陽を見に、行って来ました。あとちょっとというのに、雲が出現して、龍のなかに眼(夕陽)は入り込みませんでした。23日以降がいいらしいですけど、「毎日通わなくてはみれないよ〜」と地元の人にいわれました。そ〜っすね〜、毎日通いますかね〜。一度はカメラに納めておかなくてはね。
[PR]
by amami-horizon | 2008-09-22 22:39 | ひとりごと

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
九州