奄美ホライゾン日記blog


奄美大島の自然文化、人々情報
by amami-horizon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

喜界島へ行ってきます

痛いほどの紫外線のなか、喜界島へ行ってきます。特攻隊の追加取材、オオゴマダラなどなど。
サンゴの産卵はきっと今夜か明日ではないかと思います。喜界島にはオカヤドカリもいっぱいいるらしいのです。
[PR]
by amami-horizon | 2007-06-30 11:59

奄美が梅雨明け

あまり奄美にいないことが多かった私ですが、昨日、奄美が梅雨明けしたようです。空梅雨か?と思うときもあるほど、雨不足は心配でした。夏の水不足は島では深刻ですからね。節水制限。ま、水の大切さはそのときに、初めてわかるのかもしれません。
  以前、インドにいったとき、生水は絶対飲まないようにとよくいわれました。生水を飲んだのか肝炎になって、倒れた女流画家と同室したことがあります。彼女は、70歳を超えていたかもしれません。華奢で小さいかたでした。ずっと下痢だったのではないでしょうか?トイレにこもったきりだったのです。数日して、ヒマラヤにレストランを経営しているという息子さんが看病に駆けつけました。なんと、2メートルもあるようなそれはそれは立派な息子さんでした。彼女が、夜中、スイカだったか桃だったか果物を食べたいとの事で、私はずっとニューデリーの街を探しまわったのでした。結局、その果物はありませんでしたが、彼女は回復。何十回もインドに通っていて、「でも、何回きてもインドがよくわかりません。」とおっしゃったことを覚えています。
 30年前の話です。一人旅の私を心配そうに見送ってくれました。何の目的もなく、インドにいることがとても恥ずかしい思いでした。でも、その後の人生もそれほど変わらないのかもしれません。
[PR]
by amami-horizon | 2007-06-29 07:53 | 自然体験コーナー

鹿児島近代文学館

ちょっと時間があったので、鹿児島にある近代文学館へ行ってきました。地下で、文章教室があり、初めて参加してみました。昔の教室生になったみたいで、なんだか楽しかった〜。
 最近、団塊の世代の人達ばかりではなく、様々な勉強熱が流行しているようです。農業教室、手芸だったり、こうして文章教室であったり。学生であったときには、テストでいい点をとるため、なんてことばかり考えていた?ので、勉強が面白くなかったかもしれませんが、自分が本当にやりたいというものに関しては、何歳になっても、あるいは、学校卒業したあとでも、あるいは会社人間を止めても、深めて行く事が楽しいのでしょう。
 う〜ん、わたしも社会人学生をやりたいなあ。納期とか、お金の心配をしないで、勉強だけしている時間を楽しみたいなあ。
 
[PR]
by amami-horizon | 2007-06-29 00:06 | 島唄・文化コーナー

梅雨

雨の日に気分がすぐれないという人がいますよね。自然の木々は喜々として天店の恵みを甘受するのでしょうが、人間はなぜなのでしょうね。雨は憂うつという低血圧のかたもいるかも。
 私はそれほどではないのですが、いつもより増してぼーっとしています。でも、この間、宮本輝のエッセイを読んでいたら、やはり同じようなことが書いてあったので、なんだかほっとした次第。昨日、薬局にいったんですけど、勧められたのが、「レオピンファイブキャプレット」と「エナックW」。化学薬品ではない漢方のようなものらしいです。みなさんは、サプリなんて飲んでいますか?最近、ダイエットなどより、気になるのが、老化です。あっという間にこの年になってしまいましたが、これで本当にいいのか?なんて、ぼやきたくなることしきり。いかんいかん!!というわけで、ちょっとこれら飲んで元気を出してみます。
 今週末に喜界島へ行く予定。最近、巨大なガジュマル群が噂?!ですって。喜界島のなかだけなのか、ちょっと調査してみますね。担当者は、「奄美の金作原なんてメじゃない!」と豪語するのです。ははは。それから、ドキドキのライブ。まあ、やることはいっぱいかかえていかないとね、運賃がもったいないからですね。このご時世、出張させてもらえるだけ、幸せ~!!と思わないといけませんよね。グアンバリまっす~!!
 そうそう、鹿児島事務所にも、光フレッツを入れましたので、これからどんどんメールも画像もオッケーです。といいながら、今日も写真なしですが。今読み出したのが、谷川俊太郎。梅雨はやはり、読書にはもってこいかもしれません。ね!。
[PR]
by amami-horizon | 2007-06-27 22:35 | 自然体験コーナー

ホライゾン25号発行

お待たせいたしました〜!ホライゾン25号がようやく発行いたしました。難産でしたが、このとおり、ワクワクするようなポップな表紙で、人気上々です。わかる人は「屋嘉比寛くんだね。すごいね。面白いね」などとすぐ反応してくれます。
e0041337_23545550.jpg

巻頭は、奄美群島の魅惑的な水中世界を特集。知っているようで知らない奄美のお湯情報。お取り寄せ情報では、農産物特集。次回は水産物にしようかな。だって、次回は奄美南部特集とクロマグロ特集ですからねえ。
町健次郎さんの、「アラセツの浜」、泉和子さんの奄美民話館「イャンハズ」などの読み物も面白いですよ。夏休みには、26号の取材に、南部散策が楽しみ。今日、瀬戸内役場に行ってきましたが、次回宣伝とご協力のお願いまでしてきました。
[PR]
by amami-horizon | 2007-06-21 23:54 | 情熱人コーナー

いよいよ明日発行です

まったくもって、大変遅くなっておりましたが、ホライゾン25は明日発刊です。屋嘉比寛くんの表紙イラストが楽しみです。
 明日は瀬戸内へ打ち合わせで出掛けます。「海の駅」リーフレット制作のため。
[PR]
by amami-horizon | 2007-06-20 23:59 | ひとりごと

奄美情報処理専門学校

え〜、次女の就職が決まりました。いろいろご無沙汰もあり、今日、墓参りとその報告に行ってきました。これで、なんとか肩の荷がかなり軽くなりそうで、うれしいです。日本橋にあるIT関連のシステムエンジニアなんですと。親はまったく訳がわかりませんが、プログラマーに指示を出す部署だとのこと。せめて3年は頑張ってほしいですけど、いろいろな経験を積みながら軌道修正も可能ですしね。
 娘の通っている奄美市の情報処理専門学校に、都会の企業がぞくぞくと来島。即戦力の技術者を求めて、この奄美に向こうからやってくるのです。これって、すごいことだなあと思うのです。普通は就職先を求人欄とかネットなどで探すのでしょう?でもここは反対。毎年、ほぼ100パーセントに近い就職率を誇るとのこと。都会に送り出すだけじゃんと思っていたわたしですが、福山学長は、いずれ、卒業生を集めて奄美で起業したいとか。いつの日かそうなることを目指して、都会で経験を積んでほしいです。
[PR]
by amami-horizon | 2007-06-18 23:52 | 親バカちゃんちゃこりん

手作りジェラート

瀬戸内町にある「花とジェラート奄美屋」のジェラートがおいしいです。先日、娘と「せとうち海の駅」に行った帰りに寄って試食してきましたが、え=〜、きび酢と塩テイストを注文。このきび酢はいわずと知れたせとうち特産のきび酢を基調にしたもので、塩は、カケロマのさんご塩をいれたものです。こうやって、地場産品を使用するというところが、まずは偉い!!それに、これから旬になるパッションや、マンゴー。またスモモなどなど、南島育ちの季節感をもりこむというのだから、いいですよねえ。これら情報は、今回25号に紹介させてもらっています。ホライゾンは今回25号は、20日発行予定です。
[PR]
by amami-horizon | 2007-06-18 00:22 | 自然体験コーナー

六月の短歌

まいど~今月の短歌です。

君の背がかすかにほほ笑む気配して 梅雨空の朝 薫風のゆく
梅雨空の雲の布団にうたた寝す レモンイエローの果樹酒のせい?
星見えず ネオン微睡む 梅雨空は 泣きべそのよう 雲赤く燃ゆ

トマト切り野菜と煮込むくつくつと 我うつ思い ともに溶けゆけ
「ただいま」と砂塵の国より君帰る ほんのり明るき 扉を開けて
許すとは苦しきことと憶えたり 二十年過ぎても我撃つコトノハ

「いざゆかん」とて南海に逝った君 六十年過ぎても 若きひとなり
君も見た鹿屋の空はのびやかに 群青色の若き獅子のごと
[PR]
by amami-horizon | 2007-06-15 07:14 | ひとりごと

スパイダーマン3見ました

発行予定日を遅らせているホライゾンですが、ようやく色校正にたどり着き、ほぼ見通しがたったので、ちょっと気が抜けたのか、朝から頭が痛くなりました。おまけに、お腹まで痛い。これはない神経をかなり使っていたからかと思い、今日は気分転換の日と決めました。
 で、スパイダーマン3。見てきましたよ~。だんだん、いろいろ出してこないと観客が喜ばないからでしょう。砂塵男と黒スパイダーマンが敵となりのです。感動したのが、殺された夫の奥さんで、主人公の叔母さんの言葉。「人を憎んでいると、醜くなる」というような言葉でした。夫を殺されてもにくむことはしないというのです。許すことがどんなに苦しくても、憎まず許そうとするところで泣けました。映画に泣いたのではないのですが、いまでも心無い言葉に傷ついていて、トラウマ(心的外傷)になっているような気がします。でもなかなか許すことができないで苦しんでいます。
 ところで、全く脈絡はありませんが、先日から宮本輝の小説を読んでいます。いやあ、彼の言葉は重くてすごい。なんでもっと早く読まなかったのかと後悔しています。「泥の川」「蛍の川」は圧巻でした。「星々の悲しみ」からその世界に違和感なく入り込み、「真夏の犬」「力道山の弟」などなど、読みました。なんせ、近くの古本屋でごっそり文庫本を買い込んできましたので。
こんなことしてるから、仕事が遅いんだろうってきっと想われるのでしょうねえ。ま、仕方ありませんけど。明日は、かなり細かい仕事に入りますので、つかの間の休憩。缶酎ハイを飲んで、夕方ちょっと眠りこけました。ふふふ。
[PR]
by amami-horizon | 2007-06-13 23:43 | 情熱人コーナー

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
九州